プログラマーの効率的なスキルアップ方法

    日本にはプログラマーがおよそ10万人弱いると言われています。IPAの出したデータによると8万人弱になるのですが、IPAが補足し切れていないプログラマーも数万人はいると考えるのが妥当です。合計すれば、10万という数字が実態により近くなると考えられます。今後はさらに人口が増えていくことが予想されています。

    なぜなら、年々プログラミングに関する需要は高まってきているからです。企業活動にはプログラミングが必須になってきているので、仕事の量はいまでも多く、人材不足が各所で叫ばれています。将来的には人工知能がプログラミングを代行してくれる可能性もありますが、まだ数十年はプログラマーが必要になる時代が続くことでしょう。ですから、学生のうちから勉強をしっかりして、就職してからもスキルアップをすれば、最終的にはかなり高いポストに就いて高収入を稼ぎ出すことも可能になります。

    何しろ成長産業なので、将来性は抜群です。他の業種は数年後になくなっているものもありますが、IT業界はしばらくはパイが大きくなることはあれ、衰退することはありません。若い人が飛び込むのには最適な業界だと評価が高いです。スキルアップをするためには、とにかく仕事の現場で必死に努力をし続けるしかありません。いくら勉強をしたところで、実際に現場で身につけた実践力には敵わないからです。スキルアップをしたいなら、仕事を多く引き受けて時間を惜しまず作業し続けるのが一番です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です